ブログ

Basketball Birthday Classic 2018 【バスケの日 in 狛江】 開催レポート

2019年01月27日

1891年12月21日に生まれたバスケットボール、2018年の12月21日に127歳を迎えてから3週間、
2019年1月13日に、東京都は狛江市総合体育館にて
『Basketball Birthday Classic 2018 バスケの日 in 狛江』を開催しました。

2020年東京オリンピックが迫る中、会場を狛江に移しての開催となりまして、
開催においては狛江市総合型スポーツクラブ 狛○くらぶ(こまわくらぶ)ならびに
狛江市、体育協会など関連団体の皆様にお世話になりました。

当日の様子をレポートいたします!

■リレーゲーム■

朝から晩までずーっとバスケ!
コート1面は常に5対5のミニゲームをつづけてリレーしていきました。
結果は White James 499 – 532 Neismith Colors となりました。

審判・得点なども含め、みなさんのご参加・ご協力ありがとうございました!

■ネットボール■

バスケットボールの姉妹スポーツとしてイギリスで誕生したスポーツ「ネットボール」
ネットボール日本代表監督 多胡先生をはじめ、選手の皆様がデモンストレーションゲームを実施、
さらに子供たち向けに体験会も行っていただきました。

■楽天TV NBA情報フリーペーパー配布■

さらに盛り上がりを見せているNBA、参加者も子供たちも興味津々で
その場で読みふける人が続出でした。

■NBAの歴史講座■

島本和彦さん、Kenchさん、六伍壱さんによるトークショウ。
データ分析から昔話、現地でのこぼれ話など、なかなか表には出ない部分も含めて
NBAが今に至るまでをお話いただきました。
会場からは懐かしい!見た見た!知らなかった!などの声が飛んでおりました

■バスケ雑誌 ダブドリ トークショウ■
バスケ雑誌「ダブドリ」編集長の大柴壮平さんをMCに迎え、
語っていただきました。
取材先の決まり方、取材先での対応と戦略など裏話的なものもちらほら。
vol.5発売記念のポスターも配布されました。

■バッシュは履ける芸術品!■
シューズコレクターのCARTER_AF1さんによる実物を並べてのトークコーナー。

選手名を関したシグネーチャーモデルの本『THE SIGNATURES SHOES HANDBOOK』についてもお話いただきました。

■NBAカード、その素晴らしき世界■
カードコレクターであるkurtさんが、魅力溢れるNBAトレーディングカードの世界を大解説。
NBAカードの楽しみ方や、NBAカードの今昔物語などを披露くださいました。

オトナは知っていても子供たちには初めて触れる世界でして、
入場時に配布されたカードにも興味津々。
そして当たり交換カードを引き当てた子は、今後カード沼にハマって行くのでは無いかと若干心配になりました(笑)

■Bリーグを観戦しよう!■
NBAも好きだがBリーグ観戦にも情熱を注ぐバスケットボールファン、すべすべさん
国内バスケリーグの魅力について語っていただきました。

※写真は加工していません。おそらくお面も含めてすべすべさんです。

■シューズの履き方講座■
渡辺ドクターによる、シューズの選び方・履き方の講座です。
足型やサイズにより、シューズ選びや履き方にお悩みの方に、個別にアドバイスをいただきました。

■デフバスケットボールの紹介■
聴覚障害者によるバスケットボール、デフバスケットボールについて、
日本代表の上田監督よりご紹介いただきました。

■日本バスケットボール殿堂講演会■
流通経済大学の小谷究先生より、「日本バスケットボール殿堂設立について」と題して
日本におけるバスケットボール殿堂設立についての講演をしていただきました。

日本バスケットボール殿堂 | Japan Basketball Hall of Fame

■能代バスケミュージアム展示■
バスケの街、能代から、貴重な資料・展示物を出張展示いただきました。

能代バスケットボールライブラリー&ミュージアム | Noshiro Basketball Library & Museum

■日本バスケットボール振興会 資料展示■
1964年東京オリンピックのバスケットボールに関する資料などを展示いただきました。

NPO法人 日本バスケットボール振興会

■SLAMアパレル展示■
バスケットボールショップSLAMによるアパレルの展示。

カラフルな中にバスケ愛が詰まったアイテムの数々でした。
さらにはロサンゼルス・レイカーズのロンゾ・ボール選手の直筆サイン入り、日本未発売のシューズも!

■バルーンアート■
地元狛江で活動中のバルーンアーティスト 風翔 (ふうと)さんにさまざまなバルーンを作っていただきました。

■Sitting-Shooter Basketball 体験■
座ったまま行うバスケットボール競技、
この新しいスポーツを国際武道大学の奥山教授に説明いただき、
エキシビションおよび体験コーナーを開設していただきました。

■シューティングゲームマシン■
会場にシューティングゲームマシンを設置しました。
アメリカではNBA会場などいろんなところでお目にかかれます。

■なまはげ■
バスケ王国秋田から、直前に世界遺産登録もされた、男鹿のなまはげ がバスケの日の応援に駆けつけてくれました!
練習をサボる悪い子はいねぇが!勉強もがんばれよ!

■大抽選会■
バスケの127歳を祝って、当イベントに賛同してくださった方々から提供の、豪華景品が参加者に当たりました!

スポーツショップGALLERY2さん提供のバッシュ、
株式会社チアソルさん提供のバッシュやシューズ本『THE SIGNATURES SHOES HANDBOOK』、
バスケショップSLAMさん提供の冬向けアパレル、
川崎ブレイブサンダースのグッズ、
地元狛江でとれた野菜セット、
能代バスケミュージアムのグッズ、
井上雄彦先生ご提供のTシャツ、

などなどが当たりました。おめでとうございます!

今年も盛況に行うことができました。ご参加・ご協力いただいた皆様に感謝いたします。
2019年は12月21日になるべく近いところで、また狛江での開催を考えております。
バスケットボールの128歳を皆で祝いましょう!

Basketball Birthday Classic 2017 【バスケの日】 開催リポート

2017年12月21日

バスケットボールは、今日で126歳の誕生日を迎えました。

世界で初めてバスケットボールがプレーされた日、1891年12月21日にちなみ『12月21日をバスケの誕生日として祝おう!』と立ち上げられたイベント、”Basketball Birthday Classic 2017″、通称バスケの日。
2011年から毎年代々木第二体育館で開催してきた当イベントは、本年は国立オリンピック記念青少年総合センターでの開催となりました。
その開催の模様、リポートします。


(上の写真の撮影:バスケットボール振興会 池田)

本年は同センターを午前中から夕方まで貸し切り、会場内で多くの企画が催されました。

〇シューズの履き方講座

渡辺ドクターによる、医学的な見地からも考えたシューズの履き方をレクチャーする講座。
若い方から、まだまだプレーしたいというご年配の方まで、多くの方が聞き入っていました。


〇Sitting Shooters Basketball体験

誰もが楽しめるシュート競技、SSBの体験ゾーン。
始めはそれを遠巻きに見ていた子供達も、午後には代わる代わる体験を楽しむ姿がありました。


〇多くのチームの協力

東京サンレーヴス、東京エクセレンス、東京八王子トレインズ、千葉ジェッツ、アースフレンズ東京Z、サンロッカーズ渋谷、栃木ブレックスといったBリーグのプロチーム。
また、Wリーグからは東京羽田ヴィッキーズに、お楽しみ抽選会の景品提供や告知などで開催に協力いただきました。
東京サンレーヴス、東京エクセレンス、東京八王子トレインズからはチーム関係者も来場し、参加者の皆さんと触れ合う時間もとっていただきました。



〇WOWOWの出展

今シーズンもNBA放送を行っている、WOWOWが来場。
会場内にスター選手の等身大タペストリーを掲出、その前にて来場者インタビューなどが行われました。
そのインタビューの模様は、後日のWOWOW NBA放送枠内で取り上げられる予定です、放送日が決定しましたら当HPでもお知らせします。


〇バスケットボールの歴史展示

能代バスケミュージアムの協力により、バスケの歴史を紐解くパネル等を展示。
足を止めて撮影する方も多くいらっしゃいました。


〇バスケアプリ NATIONS

バスケットボール関連情報のプラットフォームアプリ、「ネイションズ」の平代表と、公式チャンネラーであるマーク貝島さんによるトークショー。
NATIONSの意義や今後の展開について、ざっくばらんにトークする様子のライブ配信も行われ、来場できなかった皆さんにも共有いただきました。


〇バスケットボール雑誌 ダブドリ

11月に創刊したばかりの新バスケ雑誌、ダブドリ。
編集部からNBAライター兼翻訳家の大西玲央さんが来場し、トークショーを実施しました。
創刊第2号以降へのさらなる意欲を感じる語りで、聴衆が聞き入っていました。


〇SNEAKER FES特別展示

東京、大阪、京都で過去4回開催されているスニーカーイベント、「スニーカーフェス」がバスケの誕生日を祝う展示を特設。
1985年当時に発売されたオリジナルのAIR JORDAN 1や、レブロン・ジェームズ本人やその関係者にしか配布されていない希少なサンプルモデルが展示されました。




〇ドレスアップコンテスト開催

来場された皆さんにバスケをプレーする際のコーディネートを披露いただこう、というコンセプトで催された同コンテスト。
河内敏光さん、石田剛規さん、岩田満さん、及川卓磨さん、平田恵衣さんという豪華な審査員陣の前で、コンテストに出場された皆さんが思い思いの着こなしを披露しました。
出場者のこだわりのアピールや、審査員陣の軽妙なコメントにも沸いた40分。
来年もまた開催されることでしょう。


〇日本バスケットボール学会講演会

学会の小谷理事による、特別講演会。
バスケットボールの生みの親、『ジェームズ・ネイスミス博士の理念に基づくコーチング』についての講演に、多くの傍聴者が集まりました。


〇Bリーグ 復興支援活動PR

B.LEAGUEが出展し、来年1月のBリーグオールスターゲームと、それに連動した熊本・北九州復興支援活動についてPRしました。
この支援活動にはクラウドファンディング形式によりどなたでも参加できますので、詳細を確認されたい方はB.LEAGUE公式サイトのオールスターゲーム2018についてのページをご覧ください。





〇リレーゲーム実施

【バスケの日】が毎年行っている名物企画、リレーゲームは本年ももちろん実施。
しかも今回は、ドレスアップコンテスト審査員や各トークショーでも出演された、東京エクセレンス石田剛規ヘッドコーチが参加。
さらに、東京サンレーヴスの伊藤尚人選手、ジージオ・べイン選手、エイハジ・イブラヒマ・セック選手。
また、東京八王子トレインズからは、薄井大樹アシスタントコートが参加し、連合チームを結成。
来場した皆さんと5対5のゲームを行い大いに盛り上がる場面も。

丸1日かけた最終スコアは、452対415。
そのスコア一つ一つや、パスやドリブルの一つ一つで、バスケの誕生日を祝いました。


〇抽選会、そしてNBAトーク交流会

会場では最後に、各チームや関係各位提供の景品が当たる抽選会を開催。
井上雄彦さん直筆サイン入りグッズや、B.LEAGUE提供のグッズ、日本では入手困難なバッシュなども揃い、バスケの誕生日を祝ってくれた来場者の皆さんにプレゼントされました。

また夜は場所を移して、NBAトーク交流会を実施。
島本和彦さんを始めとした古参のファンや新規のファンの方まで、大いに語り尽くし。
そうして、バスケの誕生日を祝ったイベントの一日を終えました。


本年はこれまでで最も多くのバスケットボール関係者方から協力をいただき、盛大に催すことができました。
しかしそれは、バスケットボールを愛し、そしてその誕生を祝ってくれた皆さんがいらっしゃればこそです。
本当に、ありがとうございました。

本年は今後も全国各地で連動したイベントが開催されますし、来年以降も当イベントBasketball Birthday Classic 【バスケの日】は開催していきます。
その会場にて、また皆さんとお会いできましたら幸いです。
それでは、本年のリポートはこれにて。

Happy Brithday Basketball!!

Happy Birthday Basketball!!

2017年12月21日

1891年12月21日は最初のゲームが行われたバスケットボールの誕生日。
バスケットボールは126歳になりました。

バスケットボールそのものへ、
バスケットボールができることへ、
バスケットボールが続いていくことへ、
感謝します。

11月23日はマイケル・ジョーダンの日

2011年11月11日

来る11月23日(水・祝)はマイケル・ジョーダンの日!
ということで、WOWOWで特番が組まれます。

11月23日はマイケル・ジョーダンの日|WOWOWオンライン

こちらの特番に12月21日はバスケットボールの日!委員でもある島本和彦が出演します。
NBA解説者として当時を深く知るコメントに注目です!